onの日記。

(ほとんど男鹿水族館GAOのゴマフアザラシの話題)

キジバト

2日目

抱卵中。

繁殖失敗

7月24日の夕方、それは突然に訪れてしまった。 この羽毛と引き換えに、キジバトのヒナが姿を消した。 巣立つわけも地上に下りるわけもなく、天敵に襲われたんでしょう。 朝に近くの電柱に止まっていたカラスが一番の容疑者ではあるが…。 次の日の朝、まぁ…

孵化しました

抱卵確認

親鳥がいなかった隙に巣を覗いたら卵がありました。 今月中にはヒナの姿を見られるでしょう。

2013年以来3度目

キジバトが我が家の垣根に巣を作っております。 遠巻きに見ると分かりません。 何故分かったのか。 キジバトが垣根に止まり、入れ替わりに別のキジバトが飛んで行った… ということは、守るべき何かかあるということ。 多分、抱卵中。 いつ孵化するかなー? …

夫婦が二組

最近キジバトを四羽見ます。 もちろん、四羽一緒にではなく二羽ずつ。

オンカメ?

もしかしたら

巣立ったヒナかもしれない。

親鳥来訪。

朝方、親ときょうだい来訪。

15時過ぎきょうだい揃ってカムバック。

ヒナたちの行動

仲良く二羽そろって垣根の下から下界を眺める。 仲良く二羽そろって首をかしげてカメラ目線。 仲良く二羽そろってお昼寝タイム。 仲良く…争って親鳥にエサをねだる。 こちらは上の子(と思われる) 産毛がすっかり抜けました。 こちらは下の子(と思われる)…

門番現る

母親から送られてきた写真を見て唖然。 我が家の玄関で座り込みをするキジバトのきょうだい。 近付いても逃げる気配まるでなし。 かといって、そのままにもしておけないので捕獲作戦実施。 飛べずに走り回る一羽捕獲。 とりあえず、エアコンの室外機の上に箱…

朝。 夕方。 巣から出ていました。

今日もツーマン。 一人はモフモフキジバト。

ツーマン

今朝はツーマンで訪れた。 なんか一日で大人びた。 鳥の成長は早い。

カムバック

相変わらず巣には居ないものの、親鳥は何回かエサをやりに帰って来る。 カラスは午前中に一回だけ来て追い払っただけ。 まずは手前の枝に降りて… 歩いてヒナの元へ。 待ってましたと言わんばかりにお食事タイム。

マズい!

巣のありかがカラスにバレた。 雛二羽居るんだけど、親が居ない…。

営巣確認。

今日は、部屋の前と玄関前右側に一羽ずつ。

玄関先にいないと思ったら、部屋の前の木に止まってた。

飛来初日

つがいで鎮座。

定位置

2月10日以来、切り株の上にて鎮座なさっているのを拝見。

朝に凛々しい写真を撮って、昼前に確認したら親が居なくて、卵も無い…。 ヒナ見たかったなぁ。 うちの軒先に巣を掛けてくれてありがとね。

今日も元気です。

大雨

巣の上にビニール傘を掛けました。 過保護かもしれないけど、大事な一人っ子だから。

9時ころにいつも巣を離れるキジバト。 そこをカラスが狙ってやって来るので、今日はオオタカに襲われるカラスの悲鳴を流して撃退に成功。